一寸先は闇

ナマケモノが綴る

自分の話とこれからのブログについて考えて一日が終わりました

  今日は自分の話とこれからのブログについて

 

昨日の記事で、なぜニートなのか書いたのですが…

 

僕、音楽が大っっっっっっ好きなんです!!!

声を大にして言いたいことです。

 

音楽と出会ったのは、というかちゃんと聴きだしたのは高校生に入った頃でした。

とある若者向けのラジオ番組を好んで聴いてて、音楽に興味を持ち出したんですね。

 

最初はJ-popや、若いロックバンドを聴いていました。

しかしある日、凄まじいバンドと出会ってしまって音楽にのめり込んでしまったのです。

 

そのバンドが…THEE MICHELLE GUN ELEPHANT

 

THIS IS JAPANESE ROCK'N'ROLL。

90年代、日本の音楽シーンにロックンロール旋風を巻き起こした一つのバンドです。

音、ビジュアル、個性、全てにおいて凌駕していました。

 

とまあ詳しい話はこのくらいにしておいて…

音楽にどっぷりのめり込んでしまった人間が何をやりだすかなんて百も承知ですよね。

 

バンドをやりたくなったんです。結局組めたのは大学のサークルだったんですけどね。

 

音楽を自分で発信すること、それがすごく楽しいと感じた僕は卒業後もまだ満足するまでやりたいと思いました。それで就活せずに、一年間少しですが貯金をして、遊ぶお金を貯めて卒業後東京に行きました。

 

…1週間で帰ってきました。

東京、きっと僕には向いてなかったのかもしれません。わかんないですけどね。

東京の空気に飲まれて、せっかくバンド組めそうだったのに音楽への情熱も冷めてしまいました。そして名古屋に帰ってきて、今ニートしているということです。

 

音楽への情熱も冷め始めて、大好きなロックンロールもめっきり聴いてなくてギターも触ってなくて、名古屋に帰ってきたらちゃんと仕事しよう、就職活動しようと思ってゆっくりですが行動を起こしている最中です。

 

音楽、今も聴かないことはないんですが、大好きな違うジャンルを聴いてます。

ロックンロールを聴いてしまったら、もう一度やりたくなってしまうかもしれないと思っていたから。

 

でも不思議ですね、たまーーーーーにほとんど無意識に聴いてしまうんですね。

そしてロックンロールへの熱が沸騰直前なんですね。

 

このブログ、日常的な雑記にしようと思っていたんですが、

上記の通り、沸騰直前なのです。

 

なので、これから、雑記もあったりしますが、自分が大好きな一曲を紹介して情熱的に説明しようと思います。

鬱陶しいくらいに感想を書きます。僕の音楽熱が画面越しに伝わるように。

 

長くなってしまいましたが、今日はこの辺で終わります。

明日から、毎日、「今日はこの曲のことを書こう!」という思いつきで書きます。

 

よろしくお願いします。